わかくさコンタクト|横須賀中央眼科

ご予約・
お問い合わせ

046-828-5110

営業時間 / 月曜~土曜:10時30分 ~ 19時(第1・3・5土曜日は13時まで)

大切な目のこと、診察なしで安心できますか?

ドクターチェックメガネとは

店舗外観

メガネ屋でも視力を測ることはできます。 ですが、実は眼科の診察なしで近視・遠視・乱視等の診断は出せず、視力からの想定で判断しています。合わないメガネを使用していると目に負担がかかり、頭痛や肩こりの原因になることもありますので、一度きちんと眼科で診察を受けることをおすすめしています。


複雑な眼の構造と屈折矯正には深い因果関係があり、その検査には大変デリケートで豊富な知識や経験が必要とされます。勿論、眼の疾患や年齢・職業などにより対応しなければならない視力矯正というものがあり、よく見えることがすべてではありません。


だからこそ、メガネ作りは医療なのです。
今だけでなく、将来を見据えた生活視力を考えるのも大切なことです。ドクターチェック・メガネとは、それらのことを安心しておまかせできる、眼科や視能訓練士がサポートするメガネシステムのことです。

ドクターチェックメガネが選ばれる理由

症状一例

白内障の手術後 弱視 斜位
全てサポート!

・医師による正確な判断
・隠れ斜視の発見
・老眼

・焦点の補助
・弱視治療用
・こどもの視力改善

・適したメガネのご提案
・時間経過による視力の変化
・コンタクトの使用中止期間

一般的なメガネ販売店との違い

1

眼科の診察から
一人一人に合うメガネをご提案

眼科の診察から一人一人に合うメガネをご提案

【メガネ販売店】
視力検査の結果から
想定でレンズを判断

【ドクターチェックメガネ】
眼科の診断結果から
合うレンズを判断

2

視力の変化にも
柔軟に対応

視力の変化にも柔軟に対応

【メガネ販売店】
新しいメガネや
レンズを購入

【ドクターチェックメガネ】
保証期間内は
度数の変更無料

3

国家資格を持つ
視能訓練士がサポート

国家資格を持つ視能訓練士がサポート

【メガネ販売店】
医療ではないので
診断はできない

【ドクターチェックメガネ】
視能訓練士による
適切な診断

白内障の手術後
白内障の手術後

白内障とメガネ

白内障を「治す」治療法は、現在のところ「眼内レンズ」という人工の水晶体を挿入する手術しがありません。 眼内レンズは大きく分けて「単焦点レンズ」「多焦点レンズ」の2種類あり、一般的に多く使われている白内障手術は単焦点レンズを挿入するものです。日本では99%がこの種類のレンズです。

単焦点レンズは度数が細かく作られているため、遠くの見え方や近くの見え方など、好きな距離を選ぶことができますが、自分でそれ以外の距離にピントを合わせることはできないので多くの場合はメガネの助けが必要です。

レンズの特徴

白内障レンズの特徴

【単焦点レンズ】
保険診療が可能な一般的な眼内レンズで、保険がきくので最も安価です。遠くか近くかその中間か1箇所しかピントが合いません。度数のズレが生じにくくクリアな画像(視野・視界)が得られます。ある距離にピントを合わせたら、それ以外の距離のものを見るときにはメガネで調節しなくてはなりません。

【多焦点レンズ】
焦点の数がふたつ以上あり、遠近両方にピントが合うのが多焦点眼内レンズです。保険診療外ですが、先進医療を実施する医療機関で手術を受ければ、適応される部分に限り、保険診療で手続きしてくれます。どの距離でも自在にピントが合うわけではないので、場合によっては、メガネをかけたほうが楽に見えることもあります。

手術後の視力の変化

多くの方は、手術前に使用していたメガネは合わなくなります。
個人差はありますが、裸眼視力が安定するのは術後1~2か月後と言われています。その間にもメガネの度数は多少変化するため、手術直後にご使用されていたメガネは、2~3か月後には合わなくなり、良く見えなくなることがあります。
ドクターチェックメガネでは1年間の完全保証期間をご用意しておりますので、経過による視力の変化にも何度でも無料でご対応いたします。

実際にあった例
お客様

 <お悩み>
・白内障の手術をしてハッキリ見えるのだが、テレビの文字や人が2つ見えてしまう。
・片目で見ると1つに見えるが、両目でみると2つにダブって見える。
・乱視のメガネをかけても解決せず、より2つにダブって見えてしまう。
 70歳 女性

医師

<眼科診断>
・乱視・外斜視
・斜視があることにより2つにダブって見えることが判明。目が疲れると余計にダブって見える。
・日常気にならないようであれば様子を見るが、生活に支障があるためプリズム入りメガネにて対応。
・斜視の度合いは、変動する可能性がある。定期的に検診していくこととなる。

弱視
弱視

弱視とメガネ

「弱視」とは、大きく分けて2種類あります。
・「未熟児網膜症、先天奇形」などの先天的な障害や疾病によるもの
・遠視や乱視といった屈折異常が原因となり、視機能の発達が途中で止まっているもの

こどもの「弱視」で一番多いのは後者で、強い遠視や近視や乱視があるのに子供のときにメガネをかけなかったために、細かいものを見るための脳や神経の働きが十分に成長せず、眼球に病気がないのに視力がでにくい状態で視機能の発達が止まってしまいます。

こどもの目の成長が終わるのは12歳頃と言われています。
弱視を改善するための治療用メガネを使用することで、補正することも可能です。こどものメガネは視力の矯正以外にも視機能の成長を促す役割もあるため、少しでも早い対応をおすすめしています。

弱視治療用眼鏡の保険適用について

9歳未満の子供

平成18年より、9歳未満の弱視・斜視・先天性白内障の治療用眼鏡に対する保険適用がはじまりました。
「弱視治療用にメガネが必要である」と眼科医の診断・証明があり、9歳未満のこどもが対象で、治療用メガネ代金の約7割の補助が受けられます。
※2割負担の方は8割、また3歳未満の場合は自治体により乳幼児医療の適用が受けられることがありますのでご注意ください。
補助の回数は、3歳未満は購入後1年以上に1回、3歳以上9歳未満は購入後2年以上で1回となります。

ドクターチェックメガネでは「視能訓練士」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者が在籍する隣接眼科(横須賀中央眼科)がございますので、安心して診察からメガネの購入まで済ませることができます。
また、1年間の完全保証期間をご用意しておりますので、成長に伴う視力の変化やメガネのかけ心地等のメンテナンスも無料でご対応いたします。

横須賀市の弱視メガネ補助

横須賀市は他の市と異なり、弱視メガネの補助が充実しています。
9歳未満のこども治療用メガネ代金の約7割を保険組合が補助するため通常は3割負担となりますが、横須賀市では残りの3割の補助を受けることができ、実質無料で治療用メガネを購入することができます。 対象者・申請方法につきまして、お気軽にご相談ください。

実際にあった例
お客様

 <お悩み>
・子供の定期健診の時に「斜視の疑いがある」とのこと。
・眼科検診を勧められて来た。
・日常生活で、特に気になる目の動きなどは無い。
4歳 男児

医師

<眼科診断>
・弱視・遠視・内斜位
・斜位は軽度だったもの、強度遠視で視力が出ずらい状態(視力0.4・弱視)だったことが判明。
・きちっと視力を出す(視力1.0にすること)を目的としたメガネを作製することとなる。
・行政の補助があること、また、すぐにレンズの度数が変化することも説明される。

斜位
斜位

乱視と斜位

メガネ販売店で「乱視」と判断され、乱視用のメガネを購入したのにナゼか視界がぼやける・・・、もしかしたらそれは「斜位」かもしれません。

「斜位」とは、両目でものを見る時は視線のズレは発生しませんが、視線を合わせる対象がない場合に左右の目が別々の方向を向いてしまうという症状です。
原因は眼位の基本的なズレです。ほとんどの人間に軽度の斜位があると言われていますが、見た目ではわかりにくく自覚症状がない場合も多いため、乱視と勘違いしている方がほとんどです。

斜位は気付きにくい

斜位の判断方法

【両目でものを見ている時】
両目で見ている時は、両目の筋肉が絶えず視線をものに合わせようと働いているため、視線のズレはありません。

【片目を隠してものを見ている時】
片目を隠すと、隠された方の眼はものに視線を合わせる必要がなくなるため、その目にとって楽な位置(視線)になります。

カスタマイズ

斜視(斜位)とメガネ

カスタマイズ

程度が強いと、常に気を張ってものに視線を合わせている状態のため、眼精疲労、肩こり、頭痛などが起こりやすく、程度が強いとものが二重に見えることもあります。
斜視(斜位)による視界のズレや目の疲れ等の症状は乱視用メガネや乱視用コンタクトでは改善されないため、「プリズムレンズ」を使用して、視界のズレを調整することにより対処します。

実際にあった例
お客様

 <お悩み>
・以前、眼科で斜視と診断される。現在も斜視に対応したプリズム入りメガネを使用中。
・最近、プリズム入りメガネを使用するもモノがダブって見えてしまう。
・片目をつぶった方がラクだが、人前に出た時には片目をつぶれない。
 66歳 女性

医師

<眼科診断>
・遠視・乱視・老眼・外斜視、ドライアイ、白内障
・斜視の変動と加齢による調節力低下が大きな要因。
①手術する  ②片眼遮へいメガネ の選択となる。
・手術はしたくないとのことで②を選択することとなった。

「ドクターチェックメガネ」は眼科と連携して作るので、安心安全

横須賀中央眼科院内
横須賀中央眼科

『横須賀中央眼科』は、開院以来、『ホスピタリティの高い眼科医療で、地域貢献する』ことをモットーとして掲げ、実践している眼科専門のクリニックです。

046-827-4001

〒238-0008
神奈川県横須賀市大滝町2-6 ザ・タワー横須賀中央リドレ3階
横須賀中央駅 東口より徒歩3分です。

「ドクターチェックメガネ」は眼科と連携して作るので、安心安全

子供の視力 子供たち

小さなこどもは物が見えにくくても上手に表現することができず、ピントを合わせるために無理な調節力を働かせ、眼が疲れて集中力思考力がおちて物事に気が入らなくなったりします。おかしいなと感じられたら眼科専門医で「ドクターチェック」をお受け下さい。

大人の視力 大人たち

40歳を過ぎてから近くの文字が見えずらくなる、老眼は水晶体の調節能力低下によりピントが合わせにくくなる症状ですが、単なる老眼ではなく、白内障や緑内障などの他の眼疾患が要因のこともあります。中高年の方がメガネを作る際の重要性はここにあります。

制作フロー

制作フロー

1年間の完全補償

安心の保証サービス

横須賀中央眼科の完全サポートにて1年間メガネを完全保証いたします。1年間度数交換は何度でも承ります。子供の成⻑期による視力の変化や白内障などの眼疾患による視力の変化に対しても度数交換を承っております。

専門スタッフによるメンテナンス

メガネの掛け具合やネジのゆるみなどの調整、クリーニングを専門のスタッフが無料で承ります。

検診とメンテナンスをしっかりと行い、親身にサポート

メンテナンスフロー

「眼鏡処方せん」をご持参ください。

眼科にて発行している今の目に合った眼鏡を作製してくれる指示書です。処方せんのもとにメガネを作製するので、眼鏡店にて視力検査は行いません。当店では、処方せん通り適正なメガネを作製し、フィッティングをさせていただいております。

メガネフレームは300種類以上!

常時、300点以上のメガネフレームをご用意しております。
定番商品50種類に加えて、
1点もののデザインを250点以上取り揃えておりますので、
お気に入りのメガネフレームに出会えるかと思います。

フレームイメージ
メンズ用メガネ

MENS

メンズ用メガネ

マトリックス

19,000円(税別)

※メガネは標準レンズ付の価格です

レディース用メガネ

LADIES

レディース用メガネ

パルセ

19,000円(税別)

※メガネは標準レンズ付の価格です

キッズ用メガネ

KIDS

キッズ用メガネ

JKIDS

18,000円(税別)

※メガネは標準レンズ付の価格です

オプション
-レンズの入れ替えも承ります-

近視、遠視、乱視、老眼用レンズ(単焦点レンズ) 遠近両用レンズ(累進レンズ)
斜視に対応したフレネル膜プリズム 複視に対応したオクルーダーレンズ
まぶしさに対応したレンズ(CCP/CCP400シリーズ) 紫外線・青紫色をカットした健康対策レンズ(SEIKOフロンティア)

その他目のトラブル、メガネ作成時で
お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

046-828-5110

受付時間:10:30~19:00

定休日:日曜(第1,3,5土曜日は13:00まで)